AGA治療費ってどのくらい?AGAの治療費を知りたい方必見

AGA治療費ってどのくらいかかるの?まずはAGA治療の相場を知りましょう。治療方法によっても費用は変わってきます。病院で治療を受けるのか、治療薬を買って自宅で治療するのか。自分にあったAGA治療の費用を安く抑えるポイントについてみてご紹介します。

*

AGA治療薬を個人輸入で購入する際の費用は

   

個人輸入で購入するプロペシアの費用は?

日本には薬事法という法律があり、安全性を国が認めていない医薬品を販売・処方する事を禁じています。AGAの治療薬として世界的に使用されているフィナステリドを含むプロペシアも、販売は日本では禁止されています。

日本で得る方法は医師に処方してもらうのみですが、保険適用外である事から検査や診察、処方料全て自己負担になります。全国平均で1ヶ月1万円から1万5千円必要であり、効果が現れるのには長期間必要であり毎月これ程の費用が発生する事になります。

海外の医薬品を日本で得たい場合、個人で輸入する方法で実現可能です。しかし海外との取引は素人には困難です。そこで利用されているのが個人輸入代行業者です。

購入から輸入・配達まで全て行ってくれます。費用も受診するより安くなります。それは海外のレートで金額が決まり、受診料や検査料等も発生しないからです。日本でも処方されているプロペシアの正規品が、個人輸入により半額以下で購入できます。1箱28錠分で、レートにもよりますが5千円程です。

個人輸入で購入するミノキシジルの費用は?

発毛を促す薬であるミノキシジルは、日本国内では処方されません。手に入るとしたらその成分を含むリアップがあります。リアップはドラッグストアで購入する事ができ、含有量の違いにより値段は異なります。

相場は3千円から8千円です。AGAは体内の男性ホルモンが関与していますので、塗布薬よりも服用薬の方が効果は高いと言われています。このミノキシジルは海外では普通に使用されており、日本で服用タイプを求める場合は個人輸入代行業者を活用する事で得られます。

タブレットタイプは1箱100錠入りで3千円程です。勿論塗布薬のタイプもあり2千5百円から揃っています。海外のレートにより変動する事はありますが、大きな変動はないのでこの価格で推移しています。

医薬品である為、用法用量を守る必要がありますが、メジャーな製品である事からネットで安全な服用方法も検索できます。こちらもすぐに効果が現れるものではないので、長期間服用する必要があります。期間が長くなるので、個人輸入を活用する事で毎月の費用を半分以下に抑える事が可能です。