AGA治療費ってどのくらい?AGAの治療費を知りたい方必見

AGA治療費ってどのくらいかかるの?まずはAGA治療の相場を知りましょう。治療方法によっても費用は変わってきます。病院で治療を受けるのか、治療薬を買って自宅で治療するのか。自分にあったAGA治療の費用を安く抑えるポイントについてみてご紹介します。

*

AGA治療の費用について知りたい

GAは薬を用いた治療が主流

AGA治療の費用は、内服薬を利用する方法と外科手術を利用する方法で分けて考えなくてはいけません。AGA治療は、一般的に治療薬を用いた進めていく方法が主流となっていますが、この際に処方される薬はプロペシアという内服薬になっています。

1回当たりの費用はクリニックで処方してもらう場合、平均すると7000円前後の金額が必要になります。症状の進行状況によっては処方してもらう容量が異なりますので、1ヶ月あたりでは1万円前後で考えておくと良いでしょう。

また、クリニックで処方してもらう以外にも血行を良くするための専門薬も入手する必要があります。
この薬はミノキシジルと呼ばれる薬です。ミノキシジルは病院で処方されているわけではなく、民間の会社から発売されているものです。AGAに唯一効果があると考えられている血行促進用の医薬品であり、料金面もプロペシアとほとんど同じです。

一方で、外科的な手術を行う際には手術の料金を考えなくてはいけません。これは自毛植毛という方法が採用されていますので、患者の移植用のドナーがどれだけ必要かで料金は異なってきます。一般的には、薄毛の面積当たりで必要になるドナーの数で料金が決まります。

AGA治療の費用は総額はいくら

専門的なAGA治療の総額の費用は、平均すると30万円から40万円程度必要になります。誤解をしている人も多いですが、AGAの治療期間は薬を服用してからすぐに終わるわけではありません。

薬を服用してから約2年から3年程度は継続的に服用し続けることが求められます。これは、髪の毛の成長サイクルと密接な関連があります。脱毛症の原因となっている脱毛物質は、人間が元々持っている髪の毛の成長サイクルを壊す働きがあります。

人間の髪の毛の成長サイクルは非常に長い期間で巡っているため、一度成長サイクルを壊されると同じ期間だけ薬を服用し続けなくてはいけません。

平均するとこのサイクルは1年以上をかけて成長と退行を繰り返してしますので、薬の服用時にはこれと同じリズムで治療を進めていくことが求められるわけです。

手術を行う際にも費用は数十万円以上は必要になります。手術の場合は、上手くいけば薬の服用よりも短い時間でカリキュラムを進めることができます。

しかし、実際にその手術が成功するかどうかはわかりません。仮に、発毛効果が確認できなかった場合には再度手術をしなくてはならないので、料金面とそのリスクを考慮してカリキュラムを進める必要があります。

AGA治療で使う治療薬の費用は

男性型脱毛症という名称でCMや雑誌広告等で広く知られているAGAですが、その名の通り女性より圧倒的に男性が発症する症状です。男性ホルモンが原因である薄毛であり、治療は日本国内では医療機関で服薬療法を行います。

世界でも使用されており、医学的にAGAに効果があると認められているフィナステリドを成分に含むプロペシアが処方されます。日本では唯一の治療薬として認められていますが、医療機関以外では手に入れる方法はありません。その為治療薬だけの費用だけで済みません。

まず治療に対応している皮膚科や内科に受診し、カウンセリングと検査を行います。男性型脱毛症はDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に見られる事が特徴です。

ヘアサイクルの成長期を阻害したり毛母細胞の分裂を抑制すると考えられています。血液検査や薄毛の部位等から診断され、AGAと診断されると治療薬が処方されます。この検査費用や診察料も加えられ、1ヶ月に15000円程が掛かります。

健康保険の対象外である為、費用はクリニックや病院によって様々です。1ヶ月分処方され、次受診しても経過検査が行われ、毎回1万円を超える治療費が掛かります。日本では薬代だけでなく検査代等も必要な治療方法となります。

AGA治療で使う薬の種類と費用

日本国内でAGA治療は保険適応外です。治療薬はフィナステリドを含む内服薬が処方されます。このフィナステリド錠は、男性ホルモンの分泌を抑制する効果があります。

それにより毛母細胞の細胞分裂を阻害する物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制し、正常なヘアサイクルにする事が期待できます。これは抜け毛予防の面であり、薄毛改善にはもう1つの面である発毛が必要です。

治療には抜け毛抑制と発毛の2つ揃える必要があります。その発毛効果がある薬がミノキシジルという成分錠です。しかしこれも日本国内では認められていません。医師も2つ揃う必要は知っているので、保険適応外で医師の判断により処方される事もあります。

取り扱っていない医院も多いですが、実はミノキシジルを市販の外用薬で手に入れる事が可能です。日本で唯一認められている製品であるリアップです。

外用薬なので頭皮に塗布する方法です。リアップはミノキシジル含有量により値段が違いますが、1ヶ月4000円から8000円程の費用が発生します。内服薬は病院で1ヶ月15000円程なので、1ヶ月の治療費は2万円から3万円近く必要という事になります。

国内でAGAを治療する場合は以上の費用が必要ですが、海外製品を個人輸入する事で自己責任になりますが費用を抑える事は可能です。

公開日: